フジヤマ時計店 | 大分県別府市 アンティーク 掛時計・置時計・腕時計の修理・販売
時計修理職人の日記 掛
穴詰めの様子と仕上がるまでの手順


フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛

9.穴詰めの工具です。

  金床(左上) ルーペ(右上) ハンマー(中) 自作細工のカシメ用タガネ二本(下)


フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛

10.ホゾ穴を詰めます(カシメる)。



フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛

 同じく、ホゾ穴詰めで、ポンス台を使う方法です。

(画像を回転できないので、このままで横にして見てね(・・。)ゞ



フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛

11.穴詰め前のホゾ穴



フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛
12.穴詰め後ホゾ穴


フジヤマ時計店 時計修理職人の日記 掛

13.穴詰め(カシメ)の終わった上板全体です。


14.この後、組み立てて調整をしします。


15.調整が済んだら、箱や文字板(モジイタと読む)、針などのクリーニングをします。


16.10日間程ナラシ運転をします。


.16.ナラシ運転の後、約一週間かけて時間調整とその他の微調整をし、三週間程でお客様渡しとなります。


はぁと くれぐれも、時計屋の手ほどきを受けずに、趣味で分解掃除するのは爆弾しょぼんドンッお止め下さい。


  
Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス